愛国少女ウヨ子ちゃんの応援と青林堂『ジャパニズム』

愛国少女ウヨ子ちゃんの応援と青林堂『ジャパニズム』
Pocket

私が小林拓己(こばやしたくみ)先生、通称たくみん先生@kaerunba49)を知ったのはTwitterで、先生が「ネトウヨ小学生ウヨ子ちゃん」を発表され、その後タイトルが「愛国少女ウヨ子ちゃん」になったぐらいの時期だったと思う。小学3年生の根戸ウヨ子ちゃんが、周りのお花畑の人達に愛国ゆえの怒りを爆発させたいのだが、それが出来ないもどかしさ(妄想)が主なマンガのテーマになっている。

ツイッターマンガ「愛国少女ウヨ子ちゃん」

まだ「愛国少女ウヨ子ちゃん」を読んだことが無い人もいると思うので、まずは読んでみて欲しい。
2017年8月19日から、2018年2月11日までに発表された作品を列挙してみた。

Twitterなので140文字と添付画像が4枚までの制限があるため、その制限の中でどれだけの表現が可能であるか、それがひとつの面白さでもある。読んで理解するのに時間がかかるような長文や、際限もない過剰な画像が排除されたコンテンツのライトさにより、Twitterではより多くの情報(ツイート文章そのものや他サイト記事や動画、画像や漫画等)を消化し、自分の意見を付加して発信することが可能である。
良いツイート(添付された画像やイラスト、マンガ等)はたちまち拡散され、支持される傾向がある。事実、Twitterからマンガ家へ進出した作家さんもいるし、プロのマンガ家が自分の著作のプロモーションや宣伝にTwitterでツイートする場合もある。

前置きが長くなったが、私はこの「愛国少女ウヨ子ちゃん」を読むなり応援したくなり、作者のたくみん先生とも相互フォローなどという栄誉をいただくことが出来た。タマにツイートのやりとりや、例外的にDMで意見交換をさせていただいたこともある。
たくみん先生のツイートを見ると、2017年9日7日に

また、みなさんの応援のお陰で青林堂さんにフォローしていただけたことを、ここに報告します。 ありがとうございました!!

出展:小林拓己 2017年9日7日 ツイート

この後、「愛国少女ウヨ子ちゃん」の主人公である根戸ウヨ子【公式】アカウント(@neto_uyoko)が2017年11月9日より運用が開始され、青林堂が出版している雑誌『ジャパニズム40』(2017年12月9日発売)から連載が決定した。

青林堂『ジャパニズム』へデビュー

私の記憶が確かならば、日本国内で出版社は大小合わせれば3600社ほどあるハズで、集英社・講談社・小学館などの超大手出版社は知っていても、なかなか青林堂という出版社を知っている人は多くない。
ある一定年齢以上の人なら、『月刊漫画ガロ』を出版していた出版社だ、と言えば「ああ、ガロの出版社か!」と合点するに違いない。

ガロ』を編集・出版していた頃とはスッカリ社内や経営内容が変化したようだが、青林堂は右派言論誌『ジャパニズム』を隔月で編集・出版しており、右派・保守・愛国系の人達や、いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれる人達から支持がある雑誌のようである。
その雑誌へ「愛国少女ウヨ子ちゃん」の連載が決まったのだから、私を含むウヨ子ちゃんファン喜んだ。ネット上では何とでも言えるのだが、実際のリアルな世の中で影響を与えうる商業雑誌への連載は歓迎すべきだし、Twitterをやっていない人にも読んで興味を持って貰える可能性が高くなる。

 

しかしながら、発売日に地元にある大きめの書店に数店行って探してみたが、全滅で売っていない。店員に聞いて調べてもらうと、異口同音に「入荷予定はない」とのことである。仕方なくアマゾンで購入したが、つまり書店が売れると思わないから発売日に入荷がないのであって、仮に欲しいと言って書店で手続しても1~2週間後になるなら、アマゾンで購入した方が早いし便利である。

雑誌の内容的にも、私には不満であった。
確かにお目当ては「愛国少女ウヨ子ちゃん」であり、パンパカ工務店@kitanihonganba)さんのイラストも楽しみであった。しかし、それ以外のコンテンツは、中には良いものもあったが、わざわざ1000円も出して買う雑誌かな?と思う。言ってしまえば、プロが作った同人誌のようなもので、そういった意味では往年の『ガロ』臭を放っていると言えそうである。
事実、『ジャパニズム40』に掲載された「愛国少女ウヨ子ちゃん」には印刷開始ページがズレるという青林堂の編集ミスがあり、たくみん先生激怒した一幕もあった。

実はあまり買う気がなかった『ジャパニズム41』

たくみん先生ヤングキングに『黒田芽衣子~婚渇女子~』の連載を持つプロのマンガ家で、「愛国少女ウヨ子ちゃん」は商売を抜きにボランティアで作っているマンガである。『ジャパニズム40』で掲載されたウヨ子ちゃんは商業ベースなので別だが、それ以降でもTwitterたくみん先生はウヨ子ちゃんマンガを発表している。で、その流れで・・・

作者による買え買え圧力キタ――――(゚∀゚)――――!!

 

まぁ、買ったけど(笑)。
二度目の購入なので、前回ほど期待はしていなかったものの、まぁまぁの内容ではあった。しかし、「愛国少女ウヨ子ちゃん」のみの応援だけで今後も買い続けるのは、ちょっと難しい。私としても読みたい本は他に沢山あるし、ネットでの情報収集やSNSやブログでの発信もして行きたいので、『ジャパニズム41』を読む時間はそんなに割けないし、今後の同誌についても同じスタンスであると思う。

Twitterでは今後とも根戸ウヨ子【公式】アカウント(@neto_uyoko)を中心に盛り上げて応援して行こうと思うし、たくみん先生にはまた別な形で応援しようと考えている。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

MZ-2000PC-6601SRをこよなく愛する現役のSEにしてガチな松本零士ヲタク。14歳で『人間失格』の洗礼を受けたダザイストで18歳から毎年桜桃忌に参加する太宰治真理教信者変態太宰治検定のスタッフだったりもする。愛車はトヨタJZX100マークⅡ2.5 グランデ レガリアとカワサキZX-4

Pocket

愛国通信カテゴリの最新記事