ダウンロード


PukiWiki

PukiWikiバージョン共通

Twitterタイムライン/ツイート埋め込みプラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 本プラグインを利用することで、Twitterの任意のユーザのタイムラインまたは任意のユーザの任意のツイートを簡単にPukiWikiページに埋め込めます(ひとつのプラグインでタイムラインとツイートの両方に対応)
  • プラグインはブロック型とインライン型に対応しており、タイムライン及びツイートを任意の幅(タイムラインは幅を0に指定することにより100%表示が可能で、任意の高さを指定可能)とアライメント(左寄せ・中央寄せ・右寄せ)指定で埋め込めるほか、表示テーマ(ライト・ダーク)指定元ツイート非表示指定が可能です
  • 埋め込まれるタイムライン及びツイートはTwitter社が提供する仕様により、プラグインで指定した幅より親要素が小さくなる場合は、自動的にレスポンシブで表示されます(アライメント指定の場合もそれに準じて自動で表示が行われます
  • 設置と設定に関しては配布元サイトの記事を参照して下さい
  • 本バージョンはpixivFANBOXPukiWiki関連開発基本コース以上の有料支援者のみの限定公開です(バージョンアップした際にひとつ前の旧バージョンを無料一般公開する予定)

ブロック型タイムライン表示例

インライン型タイムライン表示例

ブロック型ツイート表示例

インライン型ツイート表示例

Version: 0.1.0
Published: 2021年4月18日
PukiWiki用レスポンシブ対応各種動画再生プラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 本プラグインを利用することで、次の各種動画の幅アライメント左寄せ・中央寄せ・右寄せ指定レスポンシブ表示・再生することが可能です
    • YouTube(再生開始位置・自動再生・ループ再生指定可)
    • Vimeo(自動再生・ループ再生指定可)
    • ニコニコ動画(再生開始位置指定可)
  • プラグインの設置に関しては本サイトの記事「【YouTube・Vimeo・ニコ動】PukiWiki用レスポンシブ対応動画再生プラグインを導入する!」を参照して下さい
  • 自動再生(autoオプション)やループ再生(loopオプション)を指定した場合、その組み合わせや使用ブラウザによって、またはスマホ等のモバイルデバイスでは自動再生がされない場合があります
  • すでに以前のバージョンを導入済みの場合は、プラグインファイルを差し替えるだけでバージョンアップ作業が完了します
  • Ver0.1.1からの変更点は次の通り
    • パラメータ設定用(初期値)の設定によって、プラグインのアライメント引数オプションが有効にならないケースが発生するバグを対処
  • Ver0.1.0からの変更点は次の通り
    • 各プラグインにHTML要素クラス名の設定を追加し、プラグイン独自のCSSでスタイル変更を可能にした(各プラグインのHTML要素クラス名を同一に設定することで、各プラグインのCSSでのスタイルを統一することも可能)

Version: 0.1.2
Published: 2021年4月18日
PukiWikiスパムフィルタ対応メールフォームプラグイン

メール送信後のサンプル画面

Version: 0.3.0
Published: 2021年4月15日
PukiWiki用ソートテーブル(表)プラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • PukiWikiのテーブル(表)をソート可能なテーブルにするプラグインです(フィルタ処理も可能)
  • 設置と使い方に関しては本サイトの記事「PukiWiki用ソートテーブル(表)プラグインを導入する!」及び「PukiWiki用ソートテーブル(表)プラグインをバージョンアップしてみた!」を参照して下さい
  • Ver0.7.2からの変更点は次の通り
    • 任意のカラムをソート対象にしない仕様を追加
      • テーブルヘッダが「日付・長さ・尺貫法・メートル法」で、「尺貫法」(ソートキー「Number」)のみソート対象にしない場合は次の通りに設定する(カラムのソートキーを省略する)
        #sortable_table(Date|String||Number, ・・・
    • ヘッダ行カラー指定がない&自動採番指定がない場合に表が崩れるバグを対処
    • テーブル定義行中にコメント行があった場合に自動採番の値が狂うバグを対処
  • Ver0.7.1からの変更点は次の通り
    • オプションにヘッダ行折返し禁止指定「nowrap」を追加
      • #sortable_table([Number|Date|String][,autonum[=1]][,numstep=1][,numname=No][,head=#f0f0f0][,odd=#ffffff][,even=#f6f9fb][,filter][,width=100][,nowrap]){{
  • すでにVer0.7.0以上のバージョンを導入している場合は、sortable_table.inc.php(pluginフォルダ)とsortable-table.js(skinフォルダ)を置き換えるだけでバージョンアップが可能です(新規導入の場合や、Ver0.7.0未満のバージョンを導入している場合は、上記本サイトの記事を参照して下さい)

Version: 0.7.3
Published: 2021年4月13日
PukiWiki用スパムフィルタ対応コメントプラグイン

掲示板サンプル(推奨形式)

掲示板サンプル(題名折りたたみ形式)

Version: 0.2.0
Published: 2021年3月31日
PukiWiki用IPロガーライブラリ【支援者公開版】
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 汎用のIPロガーライブラリで、任意のPukiWikiプログラム(ライブラリやプラグイン等)に組み込むことでIPアドレスやホスト名等のログを出力します
  • 本ライブラリ単体では動作しないため、設置や使い方等の詳細に関しては、配布元の記事を参照して下さい
  • 本ライブラリはpixivFANBOXPukiWiki関連開発基本コース以上の有料支援者のみの限定公開です(バージョンアップした際にひとつ前の旧バージョンを無料一般公開する予定)

Version: 0.1.0
Published: 2021年3月31日
PukiWiki用スパムフィルタ【支援者公開版】
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.3で動作確認済・元々のspam_filter.phpが持つ機能ではAkismetreCAPTCHA以外は十分にテストが出来ていません)
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWiki1.5.2にスパム対策メールフォームを設置!Googleアドセンスに備える!」および「PukiWiki1.5.2用スパムフィルタをreCAPTCHAに対応!メールフォームをさらに強化!」を参照して下さい(最新機能に関しては本ライブラリ公開元サイトの記事に従って下さい)
  • spam_filter.phpの機能の詳細やその設定方法等は本家美麻Wikiでシステム的に修正している点」ページを参照して下さい
  • 本バージョンはpixivFANBOXPukiWiki関連開発基本コース以上の有料支援者のみの限定公開です(バージョンアップした際にひとつ前の旧バージョンを無料一般公開する予定)
  • Ver0.9.0からの変更点は次の通り
    • HTMLプラグイン使用チェックフィルタを新規追加
    • スパムログ出力先フォルダ変更(spam_filterフォルダ利用停止)
    • スパムログファイル名変更(ロジック一部変更)等
    • delegated-apnic-latestファイル内容更新(2021/03/30現在)
  • Ver0.8.5からの変更点は次の通り
    • PukiWiki1.5.3に正式対応
    • delegated-apnic-latestファイル内容更新(2020/05/14現在)
  • Ver0.8.4からの変更点は次の通り
    • empty(空)入力チェックフィルタのデフォルト設定を変更(Ver0.8.4の設定のままではブランクでページ削除が出来ない)
    • delegated-apnic-latestファイル内容更新(2019/12/29現在)
  • Ver0.8.1からの変更点は次の通り
    • デフォルトのフィルタを最低限セットするように方針変更
    • empty(空)入力チェックフィルタを新規追加
    • フィルタによってtextareaの内容もチェックするように修正
    • delegated-apnic-latestファイル内容更新(2019/12/08現在)

Version: 0.10.0
Published: 2021年3月30日
PukiWiki用折りたたみ表示プラグイン【支援者公開版】
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 本プラグインを利用することで、ブロック型プラグインとしてページの一部または全部を折りたたみ表示させることが可能です
  • インライン型プラグインとしても動作し、インライン要素内でも折りたたみ表示が可能です
  • 動作サンプルはPukiWiki検証サイトを参照して下さい
  • 設置と設定に関しては、本プラグイン公開先サイトの記事を参照して下さい
  • 本プラグインはpixivFANBOXPukiWiki関連開発基本コース以上の有料支援者のみの限定公開です(バージョンアップした際にひとつ前の旧バージョンを無料一般公開する予定)

本プラグインを利用したサンプル

Published: 2021年3月7日
URL短縮対応画像遅延読込・画像リサイズプラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 本プラグインは次のファイルで構成されています
    • imageフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • spacer.png:imgタグ用ダミー画像(画像遅延読み込みのためのスペーサー画像)
    • resize_cacheフォルダPukiWikiのルートにこのフォルダを作成する(resize_imageプラグイン用のキャッシュフォルダで中身はない)
    • skinフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • lazysizes.min.js:画像遅延読み込みを実現するJavaScript(GitHub aFarKas/lazysizes
    • pluginフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • ref.inc.phpPukiWiki標準refプラグインに画像遅延読み込みと画像リサイズ処理を組み込んで改造したプラグイン
      • resize_image.inc.php:画像リサイズプラグイン
  • 本プラグイン一式を導入することで、次の効果が得られます
    • 添付画像を変更することなくページ表示上の画像を適度にリサイズ(画像・容量)することで、複数画像があるページの通信トラフィックを軽減できる
    • PukiWiki標準refプラグインでの画像リンクは今まで通りリサイズされていない元の添付画像となる
    • 複数画像があるページの画像遅延読み込みが可能(ページ表示の体感速度アップ)
    • resize_imageプラグインで作成したリサイズ画像(デフォルトでWebP品質値70)はresize_cashフォルダに自動でキャッシュされる
    • プラグイン一式の導入のみで既存ページの修正は一切なし(refプラグインが画像遅延読み込み用imgタグを自動で生成し、resize_imageプラグインを自動で呼び出す仕組みのため)
  • resize_imageプラグインを単体のインライン・プラグインとして利用することも可能です
  • refプラグインの設定を変更することで、resize_imageプラグインを利用せずに画像遅延読み込みだけを利用することも可能です
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWikiに画像遅延読込・画像リサイズプラグインを導入して画像の読み込みを高速化する!」を参照して下さい(最新機能に関しては本プラグイン公開先サイトの記事に従って下さい)
  • Ver0.3.0からの変更点は次の通り
    • JPEG形式での画像リサイズからWebP形式による画像リサイズに変更することにより、Googleが提唱する「次世代フォーマットでの画像の配信」に完全対応(下記説明画像参照)
    • PukiWiki操作アイコンWebP版を利用することで、PukiWiki完全WebP化が可能
    • 最新のlazysizes.min.js(v5.3.0)を収録
  • Ver0.2.0からの変更点(FacebookのOGP仕様変更対応)は次の通り
  • 本バージョンはpixivFANBOXPukiWiki関連開発応援コース以上の有料支援者のみに限定公開します(PukiWiki関連開発基本コースでの公開:当該コース支援者が増えたら3ヶ月後・増えなかったら6ヶ月後に公開予定/無料一般公開:バージョンアップした際にひとつ前のバージョンを公開予定)
  • ※Ver0.4.0は、しめじ様からのご支援とご要望により開発・公開しております

PageSpeed Insightsでの従来バージョンと本バージョンの比較説明画像は次の通り。

従来バージョンで私設松本零士博物館「新竹取物語 1000年女王 05巻」ページを計測した結果画像
(3回計測して一番良い値を採用)

本バージョンで私設松本零士博物館「新竹取物語 1000年女王 05巻」ページを計測した結果画像
(3回計測して一番良い値を採用)

本バージョンでのページ計測「次世代フォーマットでの画像の配信」結果(一部)
TwitterFacebookページGoogle AdSense等、サイトで利用している外部サービスの画像だけが引っかかっている状態
Version: 0.4.0
Published: 2021年2月23日
PukiWiki用SEO対応プラグイン【支援者公開版】
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 本プラグインを利用することで、PukiWikiサイトのページ単位に次のメタタグを設定することが可能です
    • description
    • og:description(Facebookへのページ概要OGPタグ)
    • twitter:description(Twitterへのページ概要OGPタグ)
    • article:tagVer0.2.0より「keywords」タグから変更)
  • 本プラグインでは、PukiWikiページ階層化機能カテゴリー機能を応用し、ページ単位にタグ(もしくはサイトの運用形態によっては「カテゴリー」としても利用可)を追加することが可能です
  • SEOに関して、keywordsメタタグによるメタキーワードについては「メタキーワードとは? SEO対策として効果がなくなった背景について」を、タグクラウドを含むページのタグ付けに関しては「タグクラウドの作り方とSEO効果教えます」等の記事をそれぞれ参照して下さい
  • FacebookおよびTwitterのOGPタグの詳細(アイキャッチ画像の仕様含む)に関しては、本サイトの記事「PukiWiki1.5.2をソーシャルメディアに接続してFacebookコメントを実装する!」を参照して下さい
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWikiにSEO対応プラグインを導入してサイト構成を変更する!」を参照して下さい(最新機能に関しては本プラグイン公開元サイトの記事に従って下さい)
  • Ver0.3.0からの変更点は次の通り
    • JSON-LD構造化データ出力に対応し、ページ情報に基づくJSON-LD構造化データ(記事情報パンくずリスト情報)を自動的に生成・出力することが可能です(下記説明画像参照)
    • JSON-LD構造化データを出力することで、サイトのページ構造が検索エンジンにより適切に伝えることが出来るため、SEOの改善・向上を見込むことが可能となります
    • JSON-LD記事情報データの作成者をサイト管理者と違う名前に設定が可能な上に、ページ単位で作成者を設定することも可能です
    • 本プラグインの従来仕様を利用し、個々のページでページ概要やページのキーワード、アイキャッチ画像を設定している場合は、それらの情報が自動的にJSON-LD構造化データとして採用されます(ページにアイキャッチ画像の設定がない場合でも、プラグイン本体のアイキャッチ画像デフォルト設定があれば、必ずページのアイキャッチ画像情報を出力します)
    • 本プラグインでJSON-LD構造化データを出力するにはPukiWiki用URL短縮ライブラリの最新版の導入が必須です
  • Ver0.2.0からの変更点は次の通り
    • eyecatch」オプションを新規に追加し、ページのアイキャッチ画像を指定出来るように仕様追加(サイトで用意した共通アイキャッチ画像や、ページに添付した任意の画像を指定可能)
  • 本バージョンはpixivFANBOXPukiWiki関連開発基本コース以上の有料支援者のみの限定公開です(バージョンアップした際にひとつ前の旧バージョンを無料一般公開する予定)

以下、本プラグインでJSON-LD構造化データ出力をした場合のリッチリザルトテスト結果サンプル

Version: 0.4.0
Published: 2021年2月21日
PukiWiki用HTML出力プラグイン【支援者公開版】
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • PukiWikiページでHTMLコード(JavaScript含む)を出力するプラグインで、ブロック型プラグイン #html(<出力するHTML>) としても、インライン型プラグイン &html(<出力するHTML>); としても利用可能です
  • そのままHTMLコード(JavaScript含む)を出力するので、クロスサイトスクリプティング(XSS)のセキュリティホール(脆弱性)の危険性を孕みます(利用には十分気を付けて下さい)
  • 設置に関しては本サイトの記事「HTML出力プラグインでPukiWikiのメニューにFacebookページを組み込む!」を参照して下さい
  • Ver0.1.1からの変更点は次の通り
    • ブロック型マルチライン引数に対応
      #html{{
      <HTMLコード>
      }}
  • 本バージョンはpixivFANBOXPukiWiki関連開発基本コース以上の有料支援者のみの限定公開です(バージョンアップした際にひとつ前の旧バージョンを無料一般公開する予定)

Version: 0.2.0
Published: 2021年2月3日
URL短縮ライブラリ対応XMLサイトマッププラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 本プラグインを利用することで、PukiWiki用URL短縮ライブラリを導入しているサイトのXMLサイトマップを出力することが可能です
  • PukiWikiでXMLサイトマップを作成・送信する意味や方法について分からない方は、本サイトの記事「PukiWiki1.5.2にXMLサイトマップとGoogleアナリティクスを組み込む!」を参照して下さい
  • 本プラグインでは、Googleで考慮されないとされる更新頻度(changefreq)出力には対応せず、URLの優先度(priority)に関しても次の通りザックリとしか出力しません(プラグインの設定で設定値は変更可能)
    • ルート(トップページ)URLは優先度「1.0
    • コンテンツページURLは一律優先度「0.8
    • PukiWiki用SEO対応プラグインで出力するタグページURLは一律優先度「0.5
      (当該プラグインを導入してタグ出力を設定している場合に設定され、未導入・未設定の場合はコンテンツページURLと同一優先度とする)
  • プラグインの設置に関しては本サイトの記事「PukiWiki用URL短縮ライブラリ対応XMLサイトマッププラグインを導入する!」を参照して下さい
  • PukiWikiサイト汎用の「robots.txt」も同梱しているので、サイトのルートディレクトリに配置して活用して下さい(トップページ名が「FrontPage」でない場合はその部分だけ書き換えてお使い下さい)

 

Version: 0.1.0
Published: 2021年1月8日
PukiWiki用SEO対応プラグイン

 

Version: 0.2.0
Published: 2020年10月18日
ドラッグ&ドロップアップロード対応attachプラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • PukiWikiでページにファイルを添付する際に、ドラッグ&ドロップオペレーションで単数または複数のファイルを一度にアップロード出来るプラグインです(画面遷移することなく添付ファイルの削除も可能です)
  • ページ編集画面でも添付ファイルのアップロードと削除が可能で、ページに添付されているファイルを参照しながらページの編集が行えます
  • ドラッグ&ドロップでファイルをアップロードする部分は、Sebastian Tschan氏(blueimp)がGitHubで公開している、超多機能かつ高性能のjQuery-File-Uploadを利用し、独自にカスタマイズしています
  • 本プラグインの導入は、PukiWiki標準のattachプラグインを置き換える形になり、プラグインの設定で従来通りの添付オペレーションに戻すことも可能です
  • 本プラグインはPukiWiki用ソートテーブル(表)プラグイン(最新版)の導入が前提となり、必須ではありませんが、PukiWiki用URL短縮ライブラリ(最新版)が導入されている前提でPukiWikiの標準ライブラリを修正し、アーカイブに含めています(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3のどちらにも対応しています)
  • 本プラグインは古いブラウザ(IE11等)には対応しておりませんので、最新のChrome・Firefox・Edge・Opera等をお使い下さい
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「ドラッグ&ドロップアップロード対応attachプラグインでPukiWikiに革命を起こす!」を参照して下さい
革命的プラグイン
GIF・JPG・PNG形式ファイルはプレビューを表示し、それ以外のファイルはファイル別アイコンを表示
革命的プラグイン
デフォルト設定ではEXE・HTML・JS形式ファイルのみアップロード禁止
革命的プラグイン
ページ編集画面でも添付ファイルの一覧を表示し、ファイルの添付と削除が可能
Version: 0.1.1
Published: 2020年8月21日
URL短縮対応画像遅延読込・画像リサイズプラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 本プラグインは次のファイルで構成されています
    • imageフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • spacer.png:imgタグ用ダミー画像(画像遅延読み込みのためのスペーサー画像)
    • resize_cacheフォルダPukiWikiのルートにこのフォルダを作成する(resize_imageプラグイン用のキャッシュフォルダで中身はない)
    • skinフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • lazysizes.min.js:画像遅延読み込みを実現するJavaScript(GitHub aFarKas/lazysizes
    • ref.inc.phpPukiWiki標準refプラグインに画像遅延読み込みと画像リサイズ処理を組み込んで改造したプラグイン
    • resize_image.inc.php:画像リサイズプラグイン
  • 本プラグイン一式を導入することで、次の効果が得られます
    • 添付画像を変更することなくページ表示上の画像を適度にリサイズ(画像・容量)することで、複数画像があるページの通信トラフィックを軽減できる
    • PukiWiki標準refプラグインでの画像リンクは今まで通りリサイズされていない元の添付画像となる
    • 複数画像があるページの画像遅延読み込みが可能(ページ表示の体感速度アップ)
    • resize_imageプラグインで作成したリサイズ画像(デフォルトでJPEG品質値70)はresize_cashフォルダに自動でキャッシュされる
    • プラグイン一式の導入のみで既存ページの修正は一切なし(refプラグインが画像遅延読み込み用imgタグを自動で生成し、resize_imageプラグインを自動で呼び出す仕組みのため)
  • resize_imageプラグインを単体のインライン・プラグインとして利用することも可能です
  • refプラグインの設定を変更することで、resize_imageプラグインを利用せずに画像遅延読み込みだけを利用することも可能です
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWikiに画像遅延読込・画像リサイズプラグインを導入して画像の読み込みを高速化する!」を参照して下さい
  • Ver0.2.0からの変更点(FacebookのOGP仕様変更対応)は次の通り
Version: 0.3.0
Published: 2020年4月29日
PukiWiki用スパムフィルタ対応コメントプラグイン
Version: 0.1.1
Published: 2019年12月29日
スパムフィルタ対応メールフォームプラグイン
Version: 0.2.0
Published: 2019年12月2日
PukiWiki用Googleサイト翻訳プラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2及びPukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • Google翻訳のウェブサイト翻訳ツールが2018年末に新規アカウントの登録を終了していますが、本プラグインではGoogleウェブサイト翻訳を利用してPukiWikiサイトを104言語(日本語含む)にて翻訳するものです(完全無料で利用に制限はありません)
  • 本プラグインは、Google以外の特定企業または特定個人に紐付けられたサービスによるサイト翻訳ではないため、それによって生じる金銭的またはそれに類するあらゆる制約を受けないプラグインとして独立しています(単純にGoogle翻訳サイトへURLを送出するものではありません)
  • 本プラグインはPukiWikiのメニューバー(MenuBar)ページでの利用を想定しており、それ以外の場所での利用や、特定言語の国旗表示等の場合は、プラグインのCSS部分(<style>タグ部分)およびHTML部分等の修正が必要です
  • 将来的にGoogleウェブサイト翻訳サービスが終了した場合、本プラグインを利用したPukiWikiサイトによる多言語対応は保証できません
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「Googleウェブサイト翻訳ツールが終了?PukiWiki用Googleサイト翻訳プラグインで多言語に対応する!」を参照して下さい
Version: 0.1.1
Published: 2019年10月24日
PukiWiki用HTML出力プラグイン
Version: 0.1.1
Published: 2019年10月25日
PukiWiki用Twitterタイムライン組込プラグイン

 

Version: 0.3.1
Published: 2019年10月25日
画像遅延読み込み・画像リサイズプラグイン
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2で動作確認済)
  • 本プラグインは次のファイルで構成されています
    • imageフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • spacer.png:imgタグ用ダミー画像(画像遅延読み込みのためのスペーサー画像)
    • resize_cacheフォルダPukiWikiのルートにこのフォルダを作成する(resize_imageプラグイン用のキャッシュフォルダで中身はない)
    • skinフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • lazysizes.min.js:画像遅延読み込みを実現するJavaScript(GitHub aFarKas/lazysizes
    • ref.inc.phpPukiWiki標準refプラグインに画像遅延読み込みと画像リサイズ処理を組み込んで改造したプラグイン
    • resize_image.inc.php:画像リサイズプラグイン
  • 本プラグイン一式を導入することで、次の効果が得られます
    • 添付画像を変更することなくページ表示上の画像を適度にリサイズ(画像・容量)することで、複数画像があるページの通信トラフィックを軽減できる
    • PukiWiki標準refプラグインでの画像リンクは今まで通りリサイズされていない元の添付画像となる
    • 複数画像があるページの画像遅延読み込みが可能(ページ表示の体感速度アップ)
    • resize_imageプラグインで作成したリサイズ画像(デフォルトでJPEG品質値70)はresize_cashフォルダに自動でキャッシュされる
    • プラグイン一式の導入のみで既存ページの修正は一切なし(refプラグインが画像遅延読み込み用imgタグを自動で生成し、resize_imageプラグインを自動で呼び出す仕組みのため)
  • resize_imageプラグインを単体のインライン・プラグインとして利用することも可能です
  • refプラグインの設定を変更することで、resize_imageプラグインを利用せずに画像遅延読み込みだけを利用することも可能です
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWikiに画像遅延読込・画像リサイズプラグインを導入して画像の読み込みを高速化する!」を参照して下さい
  • FacebookのOGP仕様変更に対応するため、URL短縮ライブラリに対応したプラグイン一式を使いたい場合は、Ver.0.3.0以降をダウンロードして下さい(このバージョンは過去の記事およびURL短縮ライブラリ非対応版として残しています)
Version: 0.2.0
Published: 2019年11月13日
PukiWikiスパムフィルタ対応メールフォームプラグイン
Version: 0.1.1
Published: 2019年9月26日

PukiWiki1.5.3用

PukiWiki1.5.3用URL短縮ライブラリ【支援者公開版】
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWikiのクソ長いURLをURL短縮ライブラリを組み込んで解決する!」を参照して下さい(過去に執筆した記事なので、ライブラリの設置と基本的な設定のみ参考にして下さい)
  • shorturl.phpを「lib」フォルダにFTPし、PukiWikiのドキュメントルートに「shortener」と「shortener_counter」フォルダを作成する必要があります
  • Ver0.2.2からの変更点は次の通り
    • ライブラリの一部でURLが短縮になっていない不具合を対処
  • PukiWiki1.5.2の場合はVer0.1.6をご利用下さい
  • 本バージョンは、pixivFANBOXPukiWiki関連開発基本コース以上の有料支援者のみの限定公開です(バージョンアップした際にひとつ前の旧バージョンを無料一般公開する予定)

Published: 2021年2月20日
PukiWiki用URL短縮ライブラリ
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.3で動作確認済)
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWikiのクソ長いURLをURL短縮ライブラリを組み込んで解決する!」を参照して下さい(過去に執筆した記事なので、ライブラリの設置と基本的な設定のみ参考にして下さい)
  • shorturl.phpを「lib」フォルダにFTPし、PukiWikiのドキュメントルートに「shortener」と「shortener_counter」フォルダを作成する必要があります
  • Ver0.2.1からの変更点は次の通り
    • エイリアスが画像の場合の処理を追加([[&ref(./画像ファイル名);>ページ名]] 及び [[&ref(./画像ファイル名);>>ページ名]] の記述を可能にし、エイリアスが画像の場合であっても、明示的にリンクを自窓または別窓で開く記述が出来るように修正)
    • すでに本ライブラリのVer0.2.1を導入している場合は、lib\make_link.php のみを差し替えれば最新の状態になります
  • PukiWiki1.5.2の場合は最新のVer0.1.6をご利用下さい
Version: 0.2.2
Published: 2020年10月17日
レスポンシブデザイン対応サイト内検索プラグイン
Version: 0.2.0
Published: 2020年5月14日
PukiWiki用スパムフィルタspam_filter.php
Version: 0.9.0
Published: 2020年5月14日

PukiWiki1.5.2用

PukiWiki1.5.2用URL短縮ライブラリ【支援者公開版】
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2で動作確認済)
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWikiのクソ長いURLをURL短縮ライブラリを組み込んで解決する!」を参照して下さい(過去に執筆した記事なので、ライブラリの設置と基本的な設定のみ参考にして下さい)
  • shorturl.phpを「lib」フォルダにFTPし、PukiWikiのドキュメントルートに「shortener」と「shortener_counter」フォルダを作成する必要があります
  • Ver0.1.5からの変更点は次の通り
    • ライブラリの一部でURLが短縮になっていない不具合を対処
  • PukiWiki1.5.3の場合はVer0.2.3をご利用下さい
  • 本バージョンは、pixivFANBOXPukiWiki関連開発基本コース以上の有料支援者のみの限定公開です(バージョンアップした際にひとつ前の旧バージョンを無料一般公開する予定)

Published: 2021年2月20日
PukiWiki用URL短縮ライブラリ
  • 暫定公開版です(PukiWiki1.5.2で動作確認済)
  • 設置と設定に関しては本サイトの記事「PukiWikiのクソ長いURLをURL短縮ライブラリを組み込んで解決する!」を参照して下さい(過去に執筆した記事なので、ライブラリの設置と基本的な設定のみ参考にして下さい)
  • shorturl.phpを「lib」フォルダにFTPし、PukiWikiのドキュメントルートに「shortener」と「shortener_counter」フォルダを作成する必要があります
  • Ver0.1.4からの変更点は次の通り
    • エイリアスが画像の場合の処理を追加([[&ref(./画像ファイル名);>ページ名]] 及び [[&ref(./画像ファイル名);>>ページ名]] の記述を可能にし、エイリアスが画像の場合であっても、明示的にリンクを自窓または別窓で開く記述が出来るように修正)
    • すでに本ライブラリのVer0.1.4を導入している場合は、lib\make_link.php のみを差し替えれば最新の状態になります
  • PukiWiki1.5.3の場合は最新のVer0.2.3をご利用下さい
Version: 0.1.5
Published: 2020年10月17日
レスポンシブデザイン対応サイト内検索プラグイン
Version: 0.1.0
Published: 2020年5月8日
PukiWiki用スパムフィルタspam_filter.php
Version: 0.8.5
Published: 2019年12月29日

TiddlyWiki

TiddlyWiki Ver5.1.23

Ver5.1.23 日本語版
Version: 5.1.23
Published: 2020年12月28日
Ver5.1.23 日本語版(マークダウン記法対応)
Version: 5.1.23
Published: 2020年12月28日

TiddlyWiki Ver5.1.22

Ver5.1.22 日本語版
Version: 5.1.22
Published: 2020年10月26日
Ver5.1.22 日本語版(マークダウン記法対応)
Version: 5.1.22
Published: 2020年10月26日

TiddlyWiki Ver5.1.21

Ver5.1.21 日本語版
Version: 5.1.21
Published: 2019年10月9日
Ver5.1.21 日本語版(マークダウン記法対応)
Version: 5.1.21
Published: 2019年10月9日

フリー素材

操作アイコン

PukiWiki操作アイコンWebP版
  • 32/48/64ドット・20種類のPukiWiki操作(編集・凍結・差分・バックアップ・添付・リロード等)アイコン素材のWebP版です
  • PukiWikiの標準アーカイブに含まれていない、ログインとログアウトアイコン(PukiWiki標準の20ドットアイコン)を含んでおり、全ての操作を本アイコン素材で置き換え可能です
  • 本アーカイブ内容をPukiWikiのドキュメントルートにある「image」フォルダに保存してお使いになれます(フォルダパーミッション「755」/ファイルパーミッション「644」に設定)
  • 32ドット(「op-icon32」フォルダ)/48ドット(「op-icon48」フォルダ)/64ドット(「op-icon64」フォルダ)の各アイコンは、PukiWiki標準アイコンのデザインではなく、オリジナルデザインのアイコンになります(RSSアイコンに関しては、RSSアイコン標準化プロジェクト「Feed Icons」のアイコンを収録しています)
  • 本アイコンをPukiWikiに組み込む方法は、本サイト「PukiWikiにGoogleアドセンスとPukiWiki操作アイコンを導入する!」記事を参照して下さい
  • 使用サンプルは、PukiWikiダジャレンジャー版配布サイトを参照して下さい(ページ最下部にPukiWiki標準アイコンの代わりに32ドットアイコンを配置しています)
  • PukiWiki以外に、他のWikiシステム等にも応用が可能であるため、アイコン素材として公開します

Published: 2021年2月23日
PukiWiki操作アイコン
  • 32/48/64ドット・20種類のPukiWiki操作(編集・凍結・差分・バックアップ・添付・リロード等)アイコン素材です
  • PukiWikiの標準アーカイブに含まれていない、ログインとログアウトアイコン(PukiWiki標準の20ドットアイコン)を含んでおり、全ての操作を本アイコン素材で置き換え可能です
  • 本アーカイブ内容をPukiWikiのドキュメントルートにある「image」フォルダに保存してお使いになれます(フォルダパーミッション「755」/ファイルパーミッション「644」に設定)
  • 32ドット(「op-icon32」フォルダ)/48ドット(「op-icon48」フォルダ)/64ドット(「op-icon64」フォルダ)の各アイコンは、PukiWiki標準アイコンのデザインではなく、オリジナルデザインのアイコンになります(RSSアイコンに関しては、RSSアイコン標準化プロジェクト「Feed Icons」のアイコンを収録しています)
  • 本アイコンをPukiWikiに組み込む方法は、本サイト「PukiWikiにGoogleアドセンスとPukiWiki操作アイコンを導入する!」記事を参照して下さい
  • 使用サンプルは、PukiWikiダジャレンジャー版配布サイトを参照して下さい(ページ最下部にPukiWiki標準アイコンの代わりに32ドットアイコンを配置しています)
  • PukiWiki以外に、他のWikiシステム等にも応用が可能であるため、アイコン素材として公開します

Published: 2020年9月22日

ファイルタイプ別アイコン

ファイルタイプ別スタイリッシュアイコン
  • 256ドット・38種類のファイル別スタイリッシュアイコン素材です
  • PukiWikiでの独自開発「ドラッグ&ドロップファイルアップロード対応attachプラグイン」でファイル別アイコンとして利用可能です(「for_attach_dndtool_img」フォルダ/アイコン52種類)
  • PukiWiki及び独自開発した当該プラグイン以外にも、様々に応用が可能であるため、アイコン素材として公開します
  • Windowsユーザ向けのアイコン素材です

Published: 2020年8月20日
ファイルタイプ別デザインアイコン
  • 16/32/48/256ドット・48種類のファイル別デザインアイコン素材です
  • PukiWikiでの独自開発「ドラッグ&ドロップファイルアップロード対応attachプラグイン」でファイル別アイコンとして利用可能です(「for_attach_dndtool_img」フォルダ/アイコン49種類)
  • PukiWiki及び独自開発した当該プラグイン以外にも、様々に応用が可能であるため、アイコン素材として公開します
  • 一般・万人向けのアイコン素材です

Published: 2020年8月20日
ファイルタイプ別カラフルアイコン
  • 256ドット・50種類のファイル別カラフルアイコン素材です
  • PukiWikiでの独自開発「ドラッグ&ドロップファイルアップロード対応attachプラグイン」Ver0.1.0でファイル別アイコンとして採用しています(「for_attach_dndtool_img」フォルダ/アイコン53種類)
  • PukiWiki及び独自開発した当該プラグイン以外にも、様々に応用が可能であるため、アイコン素材として公開します
  • シンプル好きな人向けのアイコン素材です

Published: 2020年8月20日

PDF文書

2021年(令和3年)

2021年 日本ウイグル協会チラシ

 

「ジェノサイド」および「人道に対する罪」に認定。
ウイグルの現状に抗議の声を!
日本人の皆様に感謝!!

  • 情報拡散
  • 活動への応援
  • 日本の議員の方に、ウイグル問題で具体的行動を求めるメール等送信
  • 強制労働との関与が指摘されている起業への投資や、取引などの見直し
  • 在日ウイグル人への各種支援
  • 日本各地でのウイグル問題のイベント(証言集会など)ご開催

・・・などをして頂いている皆様に、感謝申し上げます。

【注意】

2021年 日本ウイグル協会チラシ(英語版)

 

The Genocide and Crime against humanity in 21st century.
Never again ishappening again.
Pleas, protest for the current situation of Uyghurs!
We would appreciate if you please

  • Spread the information
  • Support our activities
  • Send e-mail to congress menbers of your country to ask for concrete actions
  • Stop the investment and business with the companies involved in forced labor
  • Support Uyghurs in your country

Hold events (testimony events, etc.) for Uyghur Genocide in your region and so on.

[ Notes ]

 

2020年(令和2年)

3月8日 習近平国賓招聘反対国民総決起大会#1

 

PDFの拡散と1万人銀座大行進の参加をお願いします!(PDF拡散・デモ参加希望)
詳細や参加希望の方は、習近平国賓招聘反対国民運動の会のサイトをご参照下さい。

3月8日 習近平国賓招聘反対国民総決起大会#2

 

PDFの拡散と1万人銀座大行進の参加をお願いします!(PDF拡散・デモ参加希望)
詳細や参加希望の方は、習近平国賓招聘反対国民運動の会のサイトをご参照下さい。

2月29日 習近平主席「国賓」来日反対緊急集会

 

令和2年2月29日()午後2時開会(午後1時半開場)
文京区民センター 2A会議室【会費1,000円】

習主席が犯した反日政策・7つの大罪・抗議文

 

習近平国賓招聘反対国民総決起集会(令和2年2月6日)にて配布された資料と安倍晋三内閣総理大臣宛の抗議文
※抗議文の内容は最終的に修正される可能性があります

習近平氏来日反対署名

 

香港・ウイグル・チベット・南モンゴル等、民族浄化と人権弾圧を繰り返し、アジアで軍事的な侵略行為を進める中華人民共和国 国家主席習近平氏の日本国国賓としての来日に強く反対します!
※オンラインで署名登録フォームから署名も可能

2019年(平成31/令和元年)

救う会埼玉通信 第38号

 

救う会埼玉通信 第38号 令和元年11月12日発行

救う会埼玉通信 第37号

 

救う会埼玉通信 第37号 令和元年7月1日発行

沖縄県祖国復帰47周年記念靖國集会

 

令和元年5月12日 青年弁論大会「日本民族にとっての沖縄」

  • 「国民同胞感と祖国防衛の精神の恢復を目指して」神谷龍(24)・沖縄県宜野湾市出身
  • 「沖縄を守る日本人が忘れてはいけないこと」小西紗紀(25)・埼玉県川越市出身
  • 「日本民族にとっての沖縄」池澤盛之(38)・沖縄県糸満市出身
  • 「母校から見る民族の精神」高里智佳(26)・沖縄県浦添市出身
  • 「今の沖縄について、私が感じたこと」青山泰大(26)・千葉県市川市出身
  • 「日本人として育ったことに対する感謝」仲村隆次(24)・沖縄県那覇市在住
  • 「沖縄と本土が紡いできた歴史」斎藤仁貴(27)・千葉県柏市出身
  • 「日本の誇りをかけて実現させた沖縄返還」佐久川眞・沖縄県出身
放送自由化のための100万人署名(片面版)

 

※総務省が正式に認めた「放送自由化100万人署名フォーム」から電子署名が可能です!

放送自由化のための100万人署名(両面版)

 

※総務省が正式に認めた「放送自由化100万人署名フォーム」から電子署名が可能です!

通州事件アーカイブズ設立基金ニュースレターVOL.5

 

NEWS LETTER VOL.5(令和元年5月15日発行)

全沖縄国連先住民族勧告撤回大会(平成31年3月30日)

2018年(平成30年)

呉竹会アジアフォーラム通信(平成30年8月)

 

呉竹会アジアフォーラム通信(平成30年8月)

私は憲法改正に賛同します(自民党大阪府連・署名)

 

私は憲法改正に賛同します(自民党大阪府連・署名)

その他

呉竹会事務局突撃取材!(転載用記事一式)

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします