【野郎ぼっちメシ】5分で作る豚の生姜焼き【新型コロナ外出自粛企画】

現今のコロナ禍でようやく先日、首都圏に緊急事態宣言が発令されたばかりだ。と思いきや、ついに緊急事態宣言の対象が日本全国の道府県に拡大した。お陰で先日来より、あらゆる種類の外食産業は倒産・廃業危機の瀬戸際にあるが、「外出自粛」の掛け声と日本人特有の同調圧力の前では、自主休業や時短営業を余儀なくされて当然だ。外食産業に従事している人はさぞお困りだろうが、困るのは外食に依存している人も同じで、コンビニ弁当やカップ麺ばかり、というワケにも行かないだろう。
そこで、本サイトとしては【新型コロナ外出自粛企画】の第一弾として、「全国の料理童貞・料理処女に贈る【野郎ぼっちメシ】」記事をお届けする。
単に「ウマイ・安い・時短」料理を紹介するのであれば、クックパッド等で正確なレシピや調理手順を参照すれば足りる。本サイトがやるからには、材料や調味料の分量と調理手順(時間等)は全部テキトーだが、詳細にコツを伝授する。ゆえに、普段ちっとも料理をしない料理童貞料理処女でも手間もお金もかけず、その割にはウマイ「ぼっちメシ」が作れるようになるハズだ(と、いいな♪)。
どうせ自宅にいるのなら、簡単な料理ぐらい作れるようになりやがれ!(笑)

用意するもの

豚の生姜焼きなので、豚肉であれば豚バラでも豚ロースでも豚コマでも何でも構わない。個人的には、値段の安さと味の良さから豚バラを推奨する。

写真は数日前にスーパーで購入して冷凍庫にブチ込んでいた、解凍したての新鮮な(?)豚バラである。さすがに536グラムを全部焼いて食べるのはヘビーなので、適当に半分ぐらいを利用し、残りは再び冷凍庫にブチ込んでおく。そのうち、別の料理にでも使うだろう。

本記事でミソとなるのが、この「イカリ しょうが焼のたれ」である。
早い話が、適当な豚肉をフライパンにブチ込んで「イカリ しょうが焼のたれ」で炒めれば、誰でも簡単に「美味しい豚の生姜焼き」が完成する。
私の地元ではローソンストア1001本100円(税別)で購入できるし、スーパー等でも1本100円台で購入可能だと思う。色々と試してみたが、味と値段においてこの「イカリ しょうが焼のたれ」がベストである。

豚の生姜焼きの付け合せだが、あると良いのがキャベツの千切りだ。
面倒なのでカット済みの「キャベツ千切り」がオススメである。1袋100円(税別)でどこでも売ってる。上記「イカリ しょうが焼のたれ」と一緒にローソンストア100で購入するのも良いだろう。
このキャベツの千切りを好きなだけ皿にブチまけ、マヨネーズとか、マヨネーズとか、マヨネーズとか、どれでも好きなマヨネーズを適当にかければ良い。別に好きなドレッシングでも良くってよ?
余った千切りの残りは袋ごと輪ゴムかなんかで簡単に封をするか、タッパーや別皿に移してラップし、冷蔵庫にブチ込んでおく(日持ちはしないので、早めに食べるように)。

料理童貞・料理処女でもデキる作り方

まず、まな板を軽く水で流しておく(ニオイや汚れがつきにくくなる)。

豚バラを写真のように重ねて広げる。

オモムロに包丁を手に取り、写真のように豚バラをハシから2センチぐらいの幅で適当にカットする。

適当な大きさのフライパンをコンロに用意し、油は引かずに重なっている豚バラをいちいち手でバラしつつ、フライパンにブチ込む(炒めムラが出来ない&炒めやすいようにする)。
全部フライパンにブチ込むまでコンロの火は点けない。

バラした豚バラが全部フライパンに入ったら、コンロを着火する。
豚バラはすぐに火が通るため、フルパワーの強火だとウッカリ焦がしかねないので、手加減した中火ぐらいで適当に炒める(炒めると豚バラからアブラが自動的に出る)。
写真のようにひと通り軽く火が通ったら、「イカリ しょうが焼のたれ」のビンをよーっくシェイクし、フライパンにダイブさせる。

イカリ しょうが焼のたれ」は、写真ぐらいの量を入れれば良い。
あまり入れすぎると「生姜焼き」なんだか、「生姜焼き煮」なんだか、ワケのワカラン料理になるので要注意
イメージとしては「軽くタレを和(あ)えて炒める」感じで、適当に混ぜながら炒めれば良い。

写真の感じぐらいにサッと炒めたら完成。炒めすぎると焦げるで?
キャベツの千切りをブチまけた皿にでも盛れば、「豚の生姜焼き」の完成である。
あとは炊飯器で炊いたメシ(別に「サトウのごはん」でもいいが)と、インスタント味噌汁でもあれば、「豚の生姜焼き定食」となる。タクアン等のお新香があれば、より完璧だ。

ちなみに私の場合は、写真のようにレンジ対応タッパー(1つ250cc程度の容量)に小分けする。1つはそのまま食べるが(残ったらそのまま冷蔵庫で保存も可能)、残り2つは室温まで冷ましてから冷凍庫にブチ込んで保存しておく。次回食べたい時にレンチンすることで、より時短かつお手軽に豚の生姜焼きを食べるためである。

おわりに

本記事で言う「料理童貞・料理処女」とは、別に未婚の若い男女だけを指している言葉ではない。両親(または片親)が仕事で忙しく、自分のメシを何とかせにゃならん小学生から、熟年離婚したご老人に至るまで、「今まで誰かに料理をしてもらっていて、自分からやったことがない人」全般を指している。ちなみに、リアルでも「ここ◯年童貞(処女)なんだよね」と表現するように(?)普段料理から離れている人や、ごくタマにしか料理をしない人も含む。
そのような人でも本記事を読めば、材料と「ちょっとしたやる気」だけで、料理というハードルを簡単に越えることが出来るだろう(豚バラをカットして市販のタレで炒めただけだが、立派な料理である)。簡単なことでも、自分で出来れば嬉しいものだ。特に料理なら食べて味わう楽しみもある。
ちなみに太宰治の盟友である檀一雄は、9歳の時にママンが家出(医学生と駆け落ち)をしてしまい、当時は「男子厨房に入らず」の時代であったが(当然ながらパパンは料理が出来ない)、幼い妹がいた檀一雄料理を覚えるハメとなった。後年、檀一雄は「小説よりも料理の方が才能あるんじゃね?」ぐらいの腕前を持ち、『檀流クッキング』や『わが百味真髄』、『美味放浪記』といった著作を遺している(檀一雄で一番有名な作品は、映画にもなった自伝的作品の『火宅の人』だが)。それなのに娘で女優の檀ふみは料理が出来ないらしいのだから、変な一家ではあるな。

檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)

檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)

檀 一雄
734円(08/01 14:37時点)
発売日: 2002/09/25
Amazonの情報を掲載しています

ともあれ特にコレといった趣味がない人は、安くて手間がかからず、それでいて美味しい料理作りを趣味にしてみてはどうだろうか。立派な「趣味と実益」であるし、なにより料理は奥が深くて面白い。
なお、本記事の評判が良く、リクエストがあるようなら、他の料理を記事にして紹介してあげても良くってよ!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


ITで何かお手伝いできることはありませんか?

CTA-IMAGE

本サイトでは、外部サービスと連携して「ITの困った」を解決します!

日々是精進カテゴリの最新記事