緊急告知!バイク擬人化菌書最新刊発売!!

緊急告知!バイク擬人化菌書最新刊発売!!
Pocket

今日は3月8日かぁ。サンパチ?・・・サンパチと言えば!?

ああ!?バイク擬人化菌書の第2巻の発売日だっ!!Σ(°Д°)

バイク擬人化菌書とは?

鈴木秀吉(すずきひでよし)先生(@hideyosi_suzuki)がTwitterで発表している、バイクが美少女だったら?という想定でバイクを擬人化した(基本的に4コマ)マンガである。

私が初めて秀吉先生のマンガを見たのもTwitterで2017年の5月か6月頃だったが、バイクマンガには珍しく良い話で、絵柄も好きなこともあって速攻でフォローし、それからほぼ毎日のように新作がTwitterのタイムラインに流れ、一気にファンになってしまった。

あれよあれよと思っているうちに、2017年7月4日よりWebオートバイRIDEより連載が開始され、2017年8月1日発売の月刊誌『オートバイ』にて商業誌デビューと、一気に駆け抜けて行かれた。その間、ほぼ毎日のようにWebオートバイRIDEにバイク擬人化菌書の4コマが載り、それを楽しみに読んでは昔のバイクを懐かしみ、マンガの感想を書いては、他のバイク乗りが書いたコメントや感想なんかを読みつつ、Twitterでのバイク乗りの連帯感なんかも感じていて、とても楽しかったのだ。

待望の単行本の刊行

そしてついに『バイク擬人化菌書1』巻が2017年9月28日にモーターマガジン社から発売された。通常の書店での販売は当然だし、アマゾンでの販売も当たり前だが、限定数のサイン本が秋葉原の書泉ブックタワーと、神田の書泉グランデにて販売されたので(サイン会での販売ではない)私はアマゾンで発売日に入手し、その後に書泉グランデでサイン本を買い求めた(ちなみに10月末には友人2人とバイクツーリングの予定があり、友人2人への布教用にさらに2冊買い足した)。

実際問題、バイクブームは80年代を頂点として、バブル景気後の長い不況もあってか、バイク人口は急激に減少し、今や見る影もないぐらいだ。若者なら誰しも免許を取ってバイクに乗る時代ではなくなったが、やはりバイクが大好きな私を含む中年のリターンライダーや、今どきの若者とは逆行してバイクに憧れを持つ少数の若者とが、根強く頑張っている世界でもあるのだ。
そもそも無名の新人マンガ家が商業的に単行本を出版出来るのもスゴイ話だが、マンガはどんなジャンルでも作家(マンガ家・原作家)と作品がとにかく多い。本という天文学的な種類の多い分野のマンガで、それをリアル書店の書棚に陳列させ、そして一切の立ち読みもさせず1冊950円(税込)の本を買わせるのは、並大抵のことではない

だからこそ、バイクを愛しているバイク乗りの我々が応援するのは当然であると思う。なぜなら、「バイク愛」がこのマンガの根底に流れるテーマであると思うし、それを美少女の擬人化として(ネタも含めて)非常に良く表現されているからだ。こんな作品は今までなかったからである。

2巻目が発売に!

そして3月8日のサンパチの日、とうとう『バイク擬人化菌書2』巻が発売になった。
 

これは一重に『バイク擬人化菌書1』巻のセールスが好調であったのと、月刊誌『オートバイ』での連載が好評であるからだろう。最近は私自身が忙しくて秀吉先生のツイートをあまり見なくなったが、マンガ家として頑張っておられるからだろうと思う。

今回も限定数のサイン本が秋葉原の書泉ブックタワーと、神田の書泉グランデにて販売されたので、早速神田の書泉グランデに連絡し、サイン本1冊をキープした。記事を書き始めてからすでに翌日になってしまったので今日(3月9日)仕事が終わったら、神田に取りに行く予定だ。『バイク擬人化菌書1』巻サイン本は、実はまだ未開封でサイン自体見ていなかったりするのだが。なんだかサイン本ってもったいなくてなぁ(笑)。

 

MZ-2000PC-6601SRをこよなく愛する現役のSEにしてガチな松本零士ヲタク。14歳で『人間失格』の洗礼を受けたダザイストで18歳から毎年桜桃忌に参加する太宰治真理教信者変態太宰治検定のスタッフだったりもする。愛車はトヨタJZX100マークⅡ2.5 グランデ レガリアとカワサキZX-4

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Pocket

日々是精進カテゴリの最新記事