“南京大虐殺”の偽名~“南京大虐殺”は死をもたらす情報戦争~

“南京大虐殺”の偽名~“南京大虐殺”は死をもたらす情報戦争~
Pocket

ZF(@ZF_phantom)氏がいわゆる”南京大虐殺”について、史料に基づいて簡潔に整理した文章(日本語と英語)を公開されている。ただ、日本語の文章に対応した英文が都度記載されているため、日本人にしても英語が分かる外国人にしても、ちょっと読みにくい。「転載可」とのことであるので、私のブログで読みやすくまとめてみた。

”南京大虐殺”の偽名

“南京大虐殺”は死をもたらす情報戦争

南京戦から80年が経っても、その戦争犯罪について日本を非難している人々はまだまだ多くいます。中国は南京戦で日本軍が30万人を虐殺したと主張しています。ある在日中国人によると、人民解放軍の新聞には「南京大虐殺は日本の天皇によって指揮された、日本の軍国主義の闇は天皇が処刑されなければ決して消滅しない」というような嘘の話が載っているそうです。一部の中国人はこれを真実だと信じ、東京で虐殺があるだろうと叫んでいます。そのようなプロパガンダにだまされないように、簡単に理解できるよう事実を要約したいと思います。

南京の事実

事実 1 / 埋葬記録

南京陥落後、日本軍は南京城の内外の戦争犠牲者の遺体埋葬作業を紅卍字会に委託した。この埋葬記録によると、遺体の総数は43,023体だった。うち、女性の遺体は83体で、子供は46体だった。つまり、女性と子供の割合はわずか0.3%にすぎない。

事実 2 / スマイス調査

南京の陥落から3ヶ月後、金陵大学(南京大学)のルイス・S・C・スマイス教授は市民の被害状況を統計的に調査した。いわゆるスマイス調査*である。これによると、南京城の内外の市民犠牲者は3,400人となっている。
(* 南京地域における戦争被害、1937年12月1日から1938年3月、都市および農村調査)

事実 3 / 安全区

燕京大学の徐淑希教授は、南京市民を保護していた南京安全区国際委員会が作成した日本軍への抗議文書を収集して1939年に『南京安全地帯の記録』(参照:『「南京安全地帯の記録」完訳と研究』)を発行した。これによると、南京陥落後に26件の殺人(53人の犠牲者)、175件の強姦、131件の窃盗、その他の事件があった。

 

事実 4 / 戦死

南京防衛司令部の譚道平によって記録された「南京衛戍戦史話」によれば、国民党軍の総兵力は81,000人、戦死者数は36,500人だった。

事実 5 / 東京裁判

南京戦を指揮した松井司令官東京裁判B級戦犯として処刑された。彼はA級またはC級戦犯ではなかった。彼は訴因54(虐殺の実行、命令、授権、許可)は無罪判決で、訴因55(捕虜と市民の保護義務)だけが有罪となった。判決文は「彼は南京の不幸な市民の保護の失敗について責任を負わなければならない」と述べた。

事実 6 / 処刑

以下の部隊は約1万6千人規模の敗残兵を処刑した。しかし、これらの部隊の師団長や連隊長の中では誰も戦犯として有罪になっていない。第九師団歩兵第七連隊、第十六師団歩兵第三十三連隊、第十六師団歩兵第三十旅団、第百十四師団歩兵第六十六連隊、第十三師団歩兵第六十五連隊隷下の山田支隊。

 

上記の事実に基づいて、我々は以下の考察を導くことができる。

考察 1 / 女性と子供

南京の遺体における女性と子供の割合が0.3%だったということは、市民に対する組織的な虐殺はなかったことを示している。ちなみに1945年の東京大空襲は市民への無差別攻撃だった。その犠牲者のうち未成年者の割合は約4割である。

考察 2 / 市民犠牲者

戦死者数が36,500人、市民犠牲者が3,400人ならば、市民犠牲者の割合は8.5%である。例えば、第二次大戦時の沖縄の戦闘における市民犠牲者の割合は50%、ベルリン陥落では47%、2003年のイラク戦争では75%である。そうすると実際は、南京戦では市民犠牲者の割合は比較的少なかったのだ。

考察 3 / 少ない記録

スマイス調査」と『南京安全地帯の記録』を見ればわかるように、記録された市民犠牲者数や事件数は少なすぎるので南京大虐殺”と呼ぶには相応しくない。陥落後に南京にいた人々の認識はこの程度にすぎなかった。

考察 4 / 判決

松井司令官は安全区に潜伏した敗残兵の掃討を命じていた。それにもかかわらず、彼は上述のように訴因54(虐殺の実行、命令、授権、許可)で無罪とされた。これはつまり、連合国は、松井の指揮の下での組織的な大虐殺はなかったことを証明したのである。

考察 5 / 適法性

敗残兵の処断をした部隊の師団長または連隊長の中に戦犯がいないということは、敗残兵処断は連合国の基準においても適法だったことを示している。

結論

上述の内容を概要として知れば、あなたは南京の事実を理解することができるはずです。戦死者の総数を含めても、30万人という犠牲者数はどこからも決して出てこないのです。そして、東京裁判が示したように、敗残兵の処刑を非難するのも余りにも過ぎます。もっと多くの犠牲者数を主張したい人々は証拠を提示する必要があります。そして、戦死者と虐殺犠牲者を区別することも必要です。

情報戦争

標的

南京大虐殺プロパガンダの目的は日米同盟を破壊することです。中国が日米同盟を破壊することができれば、日本と太平洋を支配するかもしれません。このような状況が実現すれば、米国の生存も危機に陥るでしょう。あなたがこの話を疑うなら次の記事と本を読んでください。

 

組織

そして、米国内での中国系プロパガンダ組織について知りたいなら、次の組織名で検索してください。
世界抗日戦争史実維護連合会(抗日連合会)

推計

南京戦の全貌を知りたい場合は、次の記事をどうぞ。 南京戦に関与した人々の記録と証言に基づいて、より詳細な戦争犠牲者数の試算をしています。私の最新の試算によると、南京戦における中国側の犠牲者総数は約55,000です。 そのうち、市民犠牲者数は約5,400です。

南京大虐殺の真相(南京戦における犠牲者数の試算)

転載可

必要ならこの記事を自由にコピーすることができます。 あなたのブログに投稿してください。


南京市民と日本人兵士(1937年12月20日南京陥落の1週間後)
子供は恐れていますか?そして日本人兵士は武器を持っていますか?
出典:南京の街頭にて昭和12(1937)年12月20日南京住宅街にて撮影

 

※転載者注
以降は本文と対応した英文なので、外国人との意見交換にどうぞ

 The Fake of “Nanking Massacre”

The Nanjing Massacre is a Deadly Information War

There are still plenty of people who are accusing Japan against its war crime even after 80 years from the Battle of Nanking. China claims that the Japanese army massacred 300,000 people during the Battle of Nanking. According to a Chinese living in Japan, the People’s Liberation Army newspaper writes a false story like “the Nanking Massacre was directed by the Emperor of Japan,” and says that the darkness of Japanese militarism will never be eliminated unless the Emperor is executed. Some Chinese believe this is true and shout that they would massacre in Tokyo. Do not be fooled by such propaganda. So I would like to summarize the facts simply for easy to understand.

The Fact of Nanjing

Fact 1 / Burial Record

After fall of Nanjing, the Japanese army entrusted the burial work of the corpses of war victims inside and outside the Nanking castle to the Red Swastika Society. According to this burial record, the total number of corpses was 43,023. The number of women corpses was 83 and that of children was 46. In other words, the proportion of women and children was only 0.3%.

Fact 2 / Smythe Report

Three months after fall of Nanjing, Professor Lewis S.C.Smythe of Jinling University (Nanjing University) conducted a statistical survey on the damage situation of citizens. This is the so-called Smythe Report.* According to this, the number of citizen victims inside and outside the Nanjing castle was 3,400.
(* War Damage in Nanking Area, Dec.1937 to March 1938, Urban and Rural Surveys )

Fact 3 / Safety Zone

Professor Hsu Shu-hsi (徐淑希) of Yanjing University (燕京大学) published the “Documents of the Nanking Safety Zone (南京安全区攩案)” in 1939 by collecting protest documents prepared by the International Committee for Nanking Safety Zone who protected Nanjing citizens. According to this, there were 26 murders (53 victims), 175 rapes, 131 thefts, and other incidents after the fall of Nanjing.

Fact 4 / War Deaths

According to the Nanking Defense War History (南京衛戍戦史話) recorded by Tan Dao-ping (譚道平) of Nanking Defense Headquarters, the total force of the KMT was 81,000 and the number of war deaths was 36,500.

Fact 5 / Tokyo Tribunal

Commander Matsui, who commanded the Battle of Nanking, was executed as a Class B** war criminal at the Tokyo Tribunal.* He was not a war criminal of Class A or C. He was found innocent on the count 54 (execution of the massacre, command, authorization, permission), and guilty only on the count 55 (POWs and citizens’ protection obligation). The text of judgment said, “He must be held criminally responsible for his failure to protect the unfortunate citizens of Nanking.”
(* The International Military Tribunal for the Far East)
(** Class A : crimes against peace, Class B : war crimes, and Class C : crimes against humanity)

Fact 6 / Executions

The following units executed about 16,000 defeated soldiers. However, no one has been convicted as a war crime among the division chiefs or regiment commanders of these units. The 7th Regiment of the 9th Division, the 33rd Regiment of the 16th Division, the 30th Brigade of the 16th Division, the 66th Regiment of the 114th Division and the 65th Regiment of the 13th Division.

 

Based on above facts, we can lead the following discussions.

Discussion 1 / Women and Children

The fact that the proportion of women and children in the corpses of Nanking was 0.3% indicates that there was no systematic massacre against the citizens. On the other hand, the Tokyo Air Raid in 1945 was an indiscriminate attack on citizens. The proportion of minors among the victims is about 40%.

Discussion 2 / Citizen Victims

If the number of war dead is 36,500 and the citizen victims is 3,400, the proportion of citizen victim is 8.5%. For example, the proportion of citizen victims is 50% for Okinawa battle during World War II, 47% for Berlin falls, and 75% for Iraq warfare in 2003. Then, in fact, the proportion of citizen victims was relatively small in the Battle of Nanking.

Discussion 3 / Small Numbers

As you can see from the “Smythe Report” and the “Documents of the Nanking Safety Zone (南京安全区攩案),” the recorded number of citizen victims and incidents was too small to be called “Nanking Massacre.” Recognition of people who were in Nanjing after the fall is at this level.

Discussion 4 / Judgment

Commander Matsui ordered the cleansing of the soldiers lurking in the safety zone. Nonetheless, he was found innocent on the count 54 (execution of the massacre, command, authorization, permission) as mentioned above. That is, the Allies proved that there was no systematic massacre under Matsui’s command.

Discussion 5 / Legality

The fact that there were no war criminals among the division chiefs or regiment commanders of the division who executed the defeated soldiers indicates that the execution of soldiers was regarded as legal actions also in standards of Allies.

Conclusion

Knowing above contents as an outline, you will be able to understand the facts of Nanking. The number of 300,000 victims will never come out from anywhere, even if total number of war dead is taken into account. And as the Tokyo Tribunal showed, it is too excessive to condemn the execution of the defeated soldiers. People who want to claim more victims should show evidence. And it is also necessary to distinguish between war dead and massacre victims.

The Information War

Target

The purpose of China’s “Nanking Massacre” propaganda is to destroy the Japan-US alliance. If China can destroy the Japan-US alliance, they may dominate Japan and the Pacific. If such a situation is realized, the survival of the United States will also be in danger. If you suspect this story please read the following report and book.

Organization

If you want to know whole story about “Nanjing Massacre,” please click the following URL. I tried to estimate more accurate number of victims based on records and testimony of people related to the Battle of Nanking. According to my latest estimate, the total number of Chinese side victims in the Battle of Nanking is about 55,000. Among them, the number of citizen victims is about 5,400. Sorry in Japanese.

Copy

You can freely copy this article, if necessary. Please post it on your blog.

Thank you.


Nanjing citizens and Japanese soldiers
December 20, 1937 (A week after the fall.)

Are those children afraid?
and
Does the Japanese soldiers have weapons?

おわりに

一次史料を元にし、事実から簡潔にまとめられた本文を読むと、いわゆる”南京大虐殺”は存在しなかったことが分かる。しかし、支那は”南京大虐殺”を捏造し、世界に発信して日本を著しく貶めている。それだけではなく、日米同盟を破壊するプロパガンダとして利用していることが分ったと思う。なので、英文での発信が必要で、広く世界にこの事実を知って議論してもらう必要がある。
支那は国連常任理事国であり、今や世界第二位の経済大国である。しかも悪いことに、古くから華僑として世界中にチャイナタウンまたはそれに類するコミュニティ構築し、人的ネットワークを持っている。世界に覇権を唱える支那の野望を、まずは我々日本人が知り、行動に移すべきだ。すでに情報戦は始まっており、日本は非常に不利な立場にいるのだ。この記事が広く読まれ、支那に対して危機意識を持つことを希求する。

※転載者注
転載に際して、原文とその構成を損なわないように配慮し、文章を読みやすく修飾したり、文章の理解を助けるべく外部リンクその他を追加した(それによって、一部の注釈を削除した)。また、日本語文章内の参照書名に関してカッコ記号を正しく直し、本ブログの読者が買い求めやすいようにリンクを追加している。

参照

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

MZ-2000PC-6601SRをこよなく愛する現役のSEにしてガチな松本零士ヲタク。14歳で『人間失格』の洗礼を受けたダザイストで18歳から毎年桜桃忌に参加する太宰治真理教信者変態太宰治検定のスタッフだったりもする。愛車はトヨタJZX100マークⅡ2.5 グランデ レガリアとカワサキZX-4

Pocket

愛国通信カテゴリの最新記事